FC2ブログ

sherryのロンチージャーナル

ロングコートチワワのSherryがつぶやくひとりごと。 時にクールに、時にお気楽に、時に不条理な世の中に吠えます!

長い、長い一日でした

2018/01/14 22:30 ジャンル: Category:病院
TB(0) | CM(5) [Edit]

前回からの続きです
去勢手術をする12月2日の朝

DSCF6127-29.jpg

手術前夜9時までに食事をすませること、翌朝は、8時以降は水もダメ
血液検査と違って、手術の場合、胃に残っていると、窒息する危険があるため
厳密にしないといけません
でも、ぼくの朝食抜き、は意外に楽で、ママが出かけるそぶりを見せると
こうして自分からキャリーに入るのでした

DSCF6130-29.jpg

病院へは電車に乗っていきます

DSCF6136-29.jpg

この日は空気は冷たいけど、日差しがありました
11時までにくるように言われていたので、10時半過ぎくらいに
つきました

DSCF6139-29.jpg

ちょっと緊張気味のぼく・・・・
ここからは、ママにバトンタッチです~
(長くなるし、おもしろくないので、お忙しい方はスルーしてくださいね)

同意書を書き、軽く問診して、先生が抱っこしてくれているときに私は
診察室を出ましたが「行っちゃうの?」というような顔をした
sherryを見ると・・・・
外に出ると、泣きながら歩く変なおばさんになっていました

12時頃、手術開始、と聞きましたが、いつも診察が長引いているので
少し遅れて・・そろそろかな?とずっと気にしていました
ここの病院は、基本的に緊急時以外、病院から電話はしないので、16時に
こちらから電話をして、迎えに行く時間を決めることになっていました

14時過ぎて・・もう、無事に終わったのだろうな、と少し安堵していたところ・・・
なんと、14時29分、スマホが鳴っているではないですか!

病院からです。心臓が止まるかと思いました
「シェリーくん、出血が多くて・・・今まで、手術したことはありますか?
出血が止まらない病気とか・・、でも、調べようがないしね
あっ、シェリーくんは今、元気なんですけどね」(なんかキューキュー
聞き覚えのある声)

とりあえず、麻酔が無事、覚めている、ということは朗報でしたが
血が止まらない、としたら一大事なのでは??
その一瞬「あー、手術をしなければよかった」とよぎりました

どう受け止めていいのかわからず、「輸血が必要だったり
するのですか?」と聞くと「いや、それほどのことではないです」
確か、そのあと、皮下出血が出る・・というような話があり、
とりあえず、18時にきてくださいと・・・・

18時に行くと、最初、診察室のケージにいるsherryに気づかず、
もっと奥のケージにいるのかな、と思っていましたが、
ここです、と言われてよく見ると・・・水色のエリカラをして
点滴をしているsherryがいました
痛々しいというより、憮然とした顔で観念している、みたいな・・・
皆さんのブログでよく拝見するような、よろけながらもしっポフリフリ、
みたいな様子はまったくなく、抱き上げると、エリカラで顔が見えず
正面を向けたら、憮然としたまま、ペロッと私の顔を舐めました

先生は何なら、様子を見るため、一晩、預かろうかとも
思っていたようで、どうしましょうか・・・と言われたのですが
エリカラして、ブランケットも敷かないケージに一晩いさせるのは
気の毒で、「命に関わる急変の可能性が少ないのなら、連れて帰りたい」と
お願いし、それなら・・少しでも長く・・・と、点滴が終わる頃、20時半頃
くるように言われました
そのとき、ケージの横を見ると、「シェリーくん、30分ごと様子見る、
みたいなメモとタイマーがおいてあり、丁寧に観察してくれていたのだなと
思いました

そして、その出血のため、抜糸のいらない埋没式の縫合はできなかったと・・
えーーー、それではエリカラ生活?!
エリザベスウエアを用意してあると先生に伝えたのですが
見せたところ、おなかの傷ならよかったのにねー、これは舐められちゃう、
と言われました(ガーーーン)
備えあれば憂いなし、といつも思っていたのにエリカラを用意していなかったことを
大後悔
もちろん病院で貸してくれたのですが、重そうでとても気の毒で・・・
いったん家に帰り、Amazonで軽そうなのを2つ頼みました

DSCF6140-29.jpg

結局、この日は3回、病院に行くことになったのですが、真っ暗な中で
灯りのついている病院・・あの中にsherryがいる、と思うと・・・
映画のシーンのように目に焼き付いています

緊急のため、点滴用の針は入れたままで、何かあったら、留守電に声を出してくれれば
すぐ出ますから、と先生は言ってくださいました
この時点での皮下出血は、先生が思うほどは広がっていないようでした

DSCF6141-29.jpg

術後、最初の写真がこれです
電車に乗って帰ります
キャリーの幅が膨らんでいるのはエリカラごと入っているからで
首が浮いちゃうかと思い、私のマフラーを入れて隙間を埋めました

DSCF6143-29.jpg

電車に乗る前に1度、キャンっと鳴いて、そのあともクーン、と
2回、言ったのですが・・・それは・・・・

DSCF6144-29.jpg

トイレに行きたかったらしく、家についてすぐ、トイレトレーにおろすと
エリカラをガンガン、サークルやトイレにぶつけながら、いつもの
3倍くらいのおしっこをしました
絶食していても、点滴していたから、トイレに行きたかったのだね
電車に乗る前に一度、おろしてあげればよかった・・

次回に続きます
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/15 19:57 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/15 20:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/15 23:22 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/16 10:52 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2018/01/17 10:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

sherrymama

Author:sherrymama
ロングコートチワワ ♂
2010年1月7日
東京生まれ
Sherryです!

ブロとも一覧
検索フォーム
QRコード
QR